大学病院就職するメリット・デメリット

 

世間一般の見方と実際の内部事情はどの業界でも異なると言われています。それは結構ドラマなどの影響が強いと言われています。日常生活で例えば警察官の刑事を経験したり、法律家である弁護士を経験することはできないのでやはり架空の作品を参考にどのような仕事なのか?を無意識の中で把握しようとしているようです。今回紹介するテーマである薬剤師大学病院就職するメリット・デメリットについてもそうですね。大学病院の存在感を示した作品は過去に田宮二郎主演(最近、新しく放送された作品だと唐沢寿明が主演)の白巨塔はその象徴的だと思います。大学教授の椅子を巡る内部工作や密会などはまさに権力の象徴的でした。最近で言えば高視聴率を叩き出したドクターXシリーズが記憶に新しいでしょう。シリーズ1~3までこれほどまでに人気を維持した作品は過去を例に見ても少ないと言われているほど大ヒットをしましたからね。その重役を担ったの視聴率女王として君臨している米倉涼子です。大手芸能事務所のオスカーでも別格と言われている天才で誰もが女優として成功すると思って、実際に成功するという例が少ない実力派です。一般的に期待されていない人でも人気が急上昇する例が多いので、本当に実力を持っている人がつぶれてしまう例は芸能界では結構多いのです。そんな米倉涼子も会社経営者と結婚が決まりましたね。

 

このように大学病院をテーマにしている作品は数多くあり、恐らく多くの人が鵜呑みにしていると思いますが、実際はどのような職場環境なのか?大学病院に就職・転職するメリットについて考えてみました。

 

やはり大きな利点としては教育制度が徹底的に充実しているという点です。これは規模の小さい調剤薬局やドラッグストア、クリニックではなかなか難しいことです。研修等についても力を入れているのでスキルアップを目指したい方にとっては非常におすすめできる職場環境と言えるのではないでしょうか?逆に自ら勉強する意欲が無い方や成長について貪欲ではない方についてはそれほど向かないのかなというのが個人的な意見ですね。勉強会・研修会でキャリアアップを狙えるのは大きいメリットです。また、大きな組織ですので薬剤師でも出世するとそれなりの給料・年収アップを期待できる点は大きいですし、複数の部下を持つことも可能のようです。福利厚生が充実してるケースが多い点についてもメリットとして挙げることができますね。

 

デメリットとしては数多くの職員・職種の方とチームプレーが大切になりますので、協調性が低い方は向かないですし、苦痛に感じることも多いと思います。さらに大学病院就職のデメリットにおいては仕事が大変な割に給料が安いという金銭面的な不満を持っている方についても結構いるみたいですね。